お客様にシャンプーについて良く尋ねられるんですが

 

いろんな誤解が蔓延しているというか刷り込まれている

 

という雰囲気がすごくあります。

 

実は・・・

 

 

シャンプー剤って洗いながらも

皮膜をくっ付けていくものなんですよ



なんて言ったらどう思います??


え〜っ そんなわけないでしょ・・・

 

そう思った方が何をおっしゃりたいか良くわかります。

 

だって髪の毛に皮膜が付いたら悪い成分を閉じ込めたり・・・

 

あれやこれや悪いんでしょ??・・・

 

肌のクレンジングしてないみたいなイメージなんでしょ???

 

 

  いいえ違います。

 

 

だって、あなたの髪はシャンプー後に

 

『 髪がダンゴ状になってクシも通らない!! 』

 

とはなってないですよね。

 

ってことは、

 

すでに、ちゃんと皮膜が付いてるわけで

 

コーティングされているってことなんです。

 

 

 

シャンプーやトリートメントの製造の観点で考えると


その仕組みがよーくわかります。

そしてその販売元の説明とはかなり違った事実がたくさんあることも

わかります。見る



シャンプー剤は

洗浄成分+感触向上成分 の基材で作られています。




 アニオン界面活性剤  + カチオン化セルロース

 (例・パレス硫酸naなど)   (例・ポリクオタニウム10など)



ベースとなる活性剤以外に助剤的に複数の活性剤

も入っていますが基本的にはこの組み合わせが基材です。


 

これによって汚れを落とすと同時に
 
髪に皮膜をくっつけるのです…


簡単に言うと、洗っている時に一定の濃度まで水で

希釈が進んだ時にカチオン性どうしで結合する現象を利用してるんですが

これによって毛髪表面に皮膜ができます。

界面活性剤ですから水を使って油分汚れを・切り離しますが、同時に

プラス帯電(カチオン)のセルロースを皮膜としてくっ付けているのです。



 
カチオンのセルロースやポリマーは疎水性ですから
親水性に傾いたダメージ毛にはとても効果的!

良い働きをしてくれるわけです。拍手



これが普段の頭皮から出る皮脂膜の代わりとなり

洗い上がりを滑らかに保つわけです。

 

 

 

そもそも成分表記で

 

ポリクオタニウムが入っている

 

という時点でもう

 

皮膜成分が配合 ってことなんです。

 

高分子の重合体を表す『 ポリ 』

(ポリエチレン・ポリエステル・・・など)

 

カチオンを表す『 クオタニウム 』

 

ポリクオタニウムには10とか64とかインキ名に

 

登録された順に番号が付いていて

 

それが種類を表しているだけで全てが

 

カチオン化高分子の皮膜成分なんです。

  

 

ちなみにですが

 

 ポリクオタニウムー64

 

 2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン

 

 リピジュア

 

↑これらは3つとも全部同じものなんですが・・・

 

メーカーによって売り方があるので、成分をわかりやすい

 

表記で強調したり、わかりにくい表記にしたりとかもあるんですね。

 

 

 

聞いたことのある説明と違う・・・

と思うかもですが、コレは真実です。




それどころか製造メーカーの人にとってはこの処方の理論は

誰もが知る常識で20年かそれ以上前からずっと使われています。

(※現在ではこの組み合わせの理論・メカニズムについて論文まで出ています)


レベルは違いますが昔のリンスインシャンプーも

この理論から派生したものです。

現在、販売されているシャンプーでこの理論で作られていないものは

おそらくゼロでしょう・・・
ラッキー
 

もしもメーカーの人に

 

「 洗浄成分だけで作ってください! なんて言ったとしたら  

 

 あのねぇ・・・・と、笑われます。(そんな事は言いませんけども)あっかんべー


実際に界面活性剤だけの 試薬を使って、カラーなどをしている普通の髪の毛を洗うと

激しいキシミと、からまりで髪がとんでもないことになってしまいます。
悲しい


商品として全く成立しないのです。


「 髪の毛を洗うモノ 」というのは

瞬時に同時進行で皮膜ができるものでないと作れないのです。

 

洗浄成分だけのシャンプーなんてもちろん作れないんです。

 





洗浄成分と、感触向上成分 この両方が入っていて始めて

「 髪の毛を洗うモノ 」として成立できるのがシャンプーなのです。




え〜っ、!? じゃあノンシリコンてのは??

界面活性剤 + カチオン化セルロース等の基材にプラスして

ジメチコンなどのシリコンが配合されているか、いないかだけの違いなんです。

ですから原材料費の高価なシリコンが入っていないだけ製造原価が安く

できるだけの話。

皮膜が出来ることでしっとりするいつもの仕組みには何の変わりもありません。

「 ノンシリコンなのに潤う!! 」なんて商品があるのも

こういう仕組みだから当たり前なんです。楽しい


ただシリコンが入っていない分だけ「 サラサラ感 」 などは少し劣りますから

それは ペアのトリートメントを使ってください・・・とか

    悪いものが落ちてる証拠です・・・(感心するほどのこじつけ)

          なーんて怪しい説明になってるわけです。

 

 

 

ちなみにこのペアのトリートメントには一般的に

 

ベヘントリモニウムクロリド(第4級カチオン界面活性剤)

 

が入ってますからこれでまた表面に皮膜を付けるんですね。

 

 

要するに傷んだ髪(マイナスに帯電)をシャンプーして

 

ポリクオタニウム(プラスに帯電)でくっ付けて皮膜を張り

 

さらに上からトリメンの4級カチオン(プラスに帯電)で

 

2重にコーティング!!

 

2重の皮膜をしっかりくっ付けた事で

 

しっとり潤いますよ!・・・・

 

というのが種明かしなんですね。

 

ごく当たり前ですけど 楽しい

 

 

 

(これらの成分は特に何も悪いもんじゃないんですが)



無理やりにシリコンやら皮膜を悪者にして、

  シリコンや皮膜成分がはいってない!

  髪の皮膜成分を取り除く!

  髪に残った悪い成分?を取る!


なーんて謳い文句のシャンプーもいろいろあるようで

 

乗せられた人もいると思いますけども

 

ただの販売戦略なんですよね 楽しい

 

実際にはそう作られてはいないんです。

 


シャンプーであれば、洗った瞬間に髪に

 

皮膜をくっ付けるように出来てるわけで

そういう処方にしないと商品になりませんから・・・

 


美容についての誤解が広がらないように、たまには

 

真実は明らかにしないとね・・・楽しい

 

 

そういうことも含めて美髪に効果のあるシャンプーも

 

お店で取り扱っていますので興味のある方は

 

相談してくださいね!(真実を語りますので)




 




昨年は1年間を通じて、ヘアカラーのカブレの

話題がとても多い年でした。冷や汗

もちろん当店で染めてかぶれたという

ハナシではありませんが・・・・



よく聞いてみると

驚くほどに、いろんな種類のカラーを

複合的に重ねてしまっている例が多いです。

ヘナ、マニキュア、アルカリカラー・・・


それぞれの染毛のメカニズムが全く違うため

重ねるたびに次のカラーチェンジが困難に

なっていくわけです。

おまけに美容室によって施術方針は

異なりますし、前回の使用薬剤を正確に

把握できませんから。

(前の店に尋ねるわけにもいかないから)

どんな店でも希望色に一発ではなかなか

持っていけないことも少なくない。

これは残存する染料特性がメーカ−によって

異なるためなので、ある程度は仕方ない

場合もあります。


そうするとすぐにまた店を

変えてみる・・・

いろんな種類のカラーを

アレコレやってみる・・・



これでどんどん履歴が重なり

やりにくい毛髪になって

しまうわけです。




その内に今度は

頭皮がかゆくなってくる!


これで困って混乱、いろんな店を転々と

し始めるわけです。

あるいはホームカラーやら昆布カラーの

ようなものを自力で始めてしまう・・・


合う薬を探してドクターショッピング的に

美容室を転々としても悪いスパイラルに

なるばかりです。

かぶれた個所も 自家感作性皮膚炎的 

に広がる可能性がありますから・・・・

皮膚科に行くと染めるのはやめなさい

と言われるし、また皮膚科でもらうステロイド系

の薬もその強さによって頭皮につけて良いものと

良くないものがあります。

良くないのは毛が抜けますので注意が必要です。

副腎皮質ホルモンってこわいですから・・


それでも白髪はどんどん出てくるし・・・

かといって染めるのをやめるわけにはいかない・


ではどうすればいいのか??・・



こういう状況に陥った場合は、

まずホームカラーでの解決を

試みるのはやめましょう。


どういう種類のホームカラー剤にせよ自力で

やって状態が収まることはまずないです。

カブレといってもジアミン由来、HC染料由来

など一杯ありますから、まずそれを特定して

避けないと絶対に解決しませんので・・・

ヘナなどでも市販品は化学薬品配合が

ほとんどですし、かぶれた状態のままで泡カラー

みたいなことを続けていると、さらにひどい次の

ステージに行ってしまう場合があります。

そして

一刻も早く解決に・・・

染毛メカニズムの違いによってアレル源は全部

異なります。

いつまでも長い時間をかけてそれをごっちゃに

重ねてしまうと後から何を使ったのか誰も特定

できなくなってしまいます。

信頼できる美容室を探して

相談してください。


信頼できる美容室に連絡を取ってキチンと詳細を

話して相談するのが一番です。


頭皮や髪の状態を見てもらった上で、ベストな

選択をしてもらうことです。

特効薬的な考えは捨てないと無理だと思いますが

何が原因で何にかぶれているのかを特定した上で

良い方向へ向かわせるのが良いと思います。

  

   ↓関連記事



ヘアカラーのカブレ その1
http://presence1.jugem.jp/?eid=598


光で染まる?
http://presence1.jugem.jp/?eid=473



 
 


 女性の美容願望 というのは

突き詰めていくと2つに集約されます。



いかに若く見せるか・・・というのと

いかに、生まれながらの姿形から

理想の形に持っていくか

(ダイエットも含む)



後半は、えてして整形の分野になってきますので

整形外科医の範疇。  つまり

『 アンチエイジング 』こそ

医者以外の美容にたずさわるものの範疇なんです。

エイジングに抵抗するのは、やはり酸化の反対に

あたる還元がテーマとなりますね。



ところでこの時期、あのお知らせが来て

どうしようかなぁ・・・

と、迷っておられる方があると思いますが

一方でお問い合わせの電話もどんどん

いただいております。

もしも申し込もうかご検討中の方はぜひお早目に

お問い合わせください。



営業でのご予約は、

予備日としていた31日に

まだ空きがございます。
 

ぜひお問い合わせください。




関連記事


アンチエイジングの本質

http://presence1.jugem.jp/?eid=596


基礎化粧品
http://presence1.jugem.jp/?eid=597


基礎化粧品の種類って
http://presence1.jugem.jp/?eid=599


無添加化粧品の安全性
http://presence1.jugem.jp/?eid=600


肌への水分補給
http://presence1.jugem.jp/?eid=606


抗酸化のコツ
http://presence1.jugem.jp/?eid=607




アンチエイジング化粧品は

美容室プレザンス

tel 844−3585

 

ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色や

タイプの毛染め。

 

「毛染めによるアレルギーのリスクについて、

正しい知識が消費者に十分伝わっておらず...

と発表した。


 

消費者庁には、2010年度以降の

およそ5年間で、1,000件を超える被害相談

が寄せられ、そのうち、およそ170件は、

1カ月以上の重症だった・・・・




最近のニュースからの抜粋ですが怖いですね びっくり

いずれこのようなことになってくるのではと

以前から思っていました。



そもそもヘアカラーは免許制になってる

美容室業務の中に入っているのにメーカーが

一般市場に医薬部外品のカラー剤をどんどん

出し始めたんですね。

そうするとお手軽な雰囲気だから簡単に

自分で染めちゃえなんて感じになってきます。

おまけに自宅でするから匂わないとか

匂わないから薬がやさしい・・

とかそういうウソの刷り込み付き。

逆なんですよホントは しょんぼり

どんな剤でもマスキングはあるでしょうけども

匂いを出さないために揮発しない

モノエタノールアミンなんかを

アルカリに使うと毛髪と頭皮に残存します!

逆にアンモニアなんか使ってしっかり揮発

させてる方が薬剤としては安全なんです。

酸化染毛剤の場合は・・・


だって空気に触れながらどんどん蒸発する

わけだから。

さらにアルカリ度の問題もありますし。

美容室がフルに換気してんのはそのためです。



染める技術についてはもちろんのこと

サロン品とパブリック品ではそういう意味でも

明らかな違いがあります。



自宅で専門知識のない人が見よう見まねで

医薬部外品を使いアルカリ残存させる・・・

こんな危険なことありますか?

洗ったら解決するわけじゃありません。

余ったらとっておける?って小さい子が口に

入れたらどうすんの?

という感じです。


合わないなと思いながら、ごまかして

続けてる内にアナフィラキシー的に

症状が出ると厄介なことになります。

呼吸困難まで行かなくても劇症的に湿疹が

出るというのはあります。

ステロイド等で一時的には抑えられても

予後はあまり良くない場合もあります。


とにかく心配な方は困った状態を自分で

判断しないほうが良いです。

放置しないで美容院でキチンと相談することを

心からオススメします。嬉しい












     




つい最近になって

デジタルパーマの機材が

新しくなりました。


というと聞こえがいいですが単に前のが壊れただけです。




新しく入店した彼です↑


しかし最近の私の電化製品の壊れ方は凄くて

家のエアコンから店の洗濯機・矯正用アイロン・ドライヤー

とすごい勢いなのです。

デジパー機もオープンからあれやこれや

乗り継いでこれで3台目。

今度は40度からの低温から設定できるのでうれしいです。

(まぁ私は機材はなんでもいいんですけども)


もしかしたら使い方が荒いのかもしれませんけども

彼には頑張って働いてもらいます。

納品のその日からこき使われていましたが・・・







彼の仕事ぶり↑もあわせて紹介しておきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



 



またまたホームカラーで困っている方が

いらっしゃいました。

初めての方なのですが、例によって色が

グリーンになっています。

マジで困っておられました。

なんとかなりませんか?と・・

やっぱまだ売ってるんですね。

『 光で染まるカラー剤の類 』

ヘアクリームみたく髪に塗っておくと

太陽光や蛍光灯の光に当たるだけで

自然に染まります!
というもの。



実際には 硫酸銀や硝酸銀

など劇毒物が・・・!!

銀イオンの光還元反応で光を吸収する

硝酸銀などが金属銀微粒子に変化し髪に吸着。

吸着した微粒子が光に反射することで

髪が染まっているように見えると

いう仕掛けです。




それにしても一般市場で売られるものにどうして

硫酸銀を認可するんだか??

薬事法どうなってんの 汗



まぁそれでもいいんですがさらに重ねた

ホームカラー剤がこれに化学反応して

美しいグリーンに変身されたとのこと・・・・

玉虫のように綺麗な色ですが
(ほんとに綺麗な緑色)



コレ絶対に治りませんので

念のため
・・悲しい


まだテレビショッピングで売られてるので

あまり書くとよくないですが、

実際に駆け込んでくる方がいらっしゃるので

美容院としての注意喚起というとこでしょうか。

コレを単品で使用する分にはまだ大丈夫なん

ですが、この上にカラーを重ねてしまった方に

こーゆー事故が発生しているんです。

つまりこの商品は上からカラーが重なった時の

化学変化で問題を起こしているのでこのメーカー

にPL法的な責任を問うのは困難です。

(きっぱり)


ではどうなるかというと

2次的カラーを行った人が

かぶらなきゃならなくなります。



つまり、ホームカラーならご本人の自己責任だし

美容室で何も知らずにニコニコとカラー剤を

塗ってしまった美容師にすべての責任が

転嫁される可能性も大です。


お客様からすると美容院で染めたら

グリーンになったように見えますから当然ですね。 

(実は無関係なんですが・・・)



それはそうと結局は

またもやお風呂グッズを使ったレスキュー品で

どうにかはしましたがかなり大変でした・・・

なんとかするためのオペ・・

これ店に置いといてよかったです。


髪が発熱する可能性がありとても怖いです。。


この数年間で同じ例が4人目なのですが

アルカリカラー・ヘナ・酸性カラーや

脱染・脱色などの一般的なロジックでは対応

できないので美容院としてはとても

コワイです。 冷や汗



現在、美容界において明快な

対処方法は見つかっていない


というのが本音のとこで、

従来のホームカラー剤とは

別格レベルにオススメ

できない代物です。



成分表示に硫酸銀や硝酸銀を見つけたら

手を出さない方がいいですよ。


 

マイケル・ジャクソンが急死したというニュースの中

私がひたすら食いついて悲しんでいるのは

『 ファラ・フォーセットの死 』 

であります。

(もちろんマイケルもかわいそうなのですが)

この 「 ファラ・フォーセット 」 は

『 初代チャーリーズ・エンジェル 』のメンバーでして



今の人は 「 チャーリー・・・ 」 というとキャメロン・ディアス

ですがあれはリメイク版であって

本家本元のオリジナルはこちらなんです。



この方の大口満面の笑顔 コテコテの金髪 に象徴される

アメリカン・ビューティーは、世界中の人を魅了したわけです。







  ↑ コレは1990年の写真


ヘアの方の歴史を紐解くと、ハサミだけで作り出す

ヴィダル・サスーンカットに対してレザーで軽さを表現した

トニー&ガイが人気をさらった頃でレイヤーが大流行!

いわゆる『 チャンキー・スタイル 』というのが、

このファラのアタマ!! 楽しい





その当時私はまだ美容師ではありませんでしたが

(当たり前でしょ!もしそうなら年は幾つなんだという話)

私が美容業界に入った頃にもこの「ファラ・レイヤー」

心酔しきった人達の生き残りがいて、そーゆー方達が

お店に来るとブローでこれを再現することが求められるので大変でした 悲しい


しかし今になってみるとあの頃に散々ブローさせられたのは

本当に良かったです。

良い経験が形を変えて今に役立っています。楽しい



まぁ子供ながらにテレビを見て

大人になったら、外人のおねーちゃんと結婚したい!

なんて思ってたなぁ・・・



ファラが亡くなってなんだか寂しいなぁ・・・悲しい

てなわけで明日もんまた忙しいから頑張るぞっと・・・



 


なんだかんだと忙しい日が続いています。



お客様本当にありがとうございます。楽しい

現在はうちの十八番のデジパーマシ−ンに

さらにもう1台の別メーカーを導入するために研究中です。

現在の機種は安全設計のため実際の温熱ロッドを計測すると、

メーカーの言う温度とは違う設定です。

これは安全な事なのでなんら問題はないのですが

最高温度に到達するまでにタイムラグがあるので、

調整が必要です。



新機種では低温領域で化粧品登録のお薬でデジパーを

かけられるようにする予定です。

ぶっちゃけ、デジパーは回数に応じていろいろな要件を

変えないとうまく行きません。

いつ行ってもいいコンデションでデジパーがかかるために

実は微妙に違うことをやる必要があるのです。


1回の施術でバッチリ綺麗にかけて、長持ちさせ

1年間のトータル施術回数をなるべく減らしてあげるのが

良いのです。(ビジネス的には良くないですが・・・泣)

そうすることでコンディションを一定のレベルに保つことが出来

デザインの幅も広がるし、他のメニューとの併用が可能に

なってきます。


また最近はかなり長さがある状態でのデジパー希望者が

多いようです。

温度の幅にも、長さの幅にも対応するために

複数の機種でいこうかと思っているわけです。

もうすぐ新機種が入りますのでどうぞよろしく!![:嬉しい:



なんだか今日は難しい話になりましたが、いろんなメニューに関して

このように日々最善策を探していますのでこれからも

プレザンスをよろしくお願いいたします。

 


最近の資料によると遂に、理容師志望の学校入学者が美容師のそれに比べて

二十分の一の数にまでなってしまったとのことです。

まぁ美容師のほうも一時の勢いはどこへやら・・・・


カリスマブームで調子に乗っていた以前と比べると美容学校は全国的に定数割れが

続出なのです。

理容師と美容師といっても準ずる法律が違ったりしてるだけでよくその違いがわかりません。




しかしそんな理容店も最近では生き残りをかけて様々なサービスを展開しているところ

も出てきているのだとか・・・




たとえばヘアのカットに加えて、足ツボマッサージから耳掃除まで全てをお姉さんが半個室で

対応してくれたり、中には全員女性スタッフの上に、制服はミニスカートでコスプレデイまで

あってミニスカポリスの真似事までしてしまう店まであるんだとか・・・なにそれ?


これって勘違いから 過激な密着 までしてくる人まで出てきたら

どうするんだろうと心配してしまいますが・・・



ちなみにこれらはみんな東京のお店なので、これをみたアナタ!福岡もないかな?・・・

と思って探さないでくださいね。



そんな プレザンスの男性のお客様にしっかり密着するのは

  ウチでは、わたしだけですが何か? 楽しい

 
1