えらくまぁ懐かしい人を見ました!!







誰?このヒト?・・・



わかるわけないしって感じですが



ボビーブラウンです!



『 あー知ってる!コスメの・・』



違う違う・・・しょんぼり



元はニューエディションのメンバーで



この人の踊り方はかなりの人がやってましたね。



足の動き覚えんの大変なんだーね・あれ



あと髪型ですが・・クラブに一杯いましたねぇ。



もうゆがんじゃってるんですよあの髪型



every little stepのpvの頭してる人



ホントにいましたからね(笑)



今はカントリーを歌ったりしてるそうでもう全く



信じられません。



ホイットニー・ヒューストンと結婚したりしてたのにね・・









で懐かしのpv(真ん中のひと) ほんとに同一人物?














最近メンズ・レディスを問わず



ナポレオンジャケット



がキテイルらしい・・・楽しい



ホントかなーとは思いましたが。





しかしこれには罠があって、実は去年から



出ていたショート丈のPコートの変形ですね。



だからショートのpコート持ってる人なら



襟立ててフロントボタンの一番上をとめてしまうと



ダブルブレスト仕立てなのでまんまナポレオン風に



なってしまうんですね。





つまり買う必要なし!!





これをわざわざ立ち襟のナポ・ジャケを買うと



下手打つとベル薔薇っぽくなって後で着まわしがききませんな。



(特に襟が寝ないタイプの場合は・・)



ま余計な世話ですが・・・冷や汗







ショート丈Pコートですが上まで留めてしまえば







こちらはホントのナポレオンジャケット。



変わりませんね。







ちなみに私Pコートはありません。



だからショート丈Pが欲しいです。



しかもメルトン地のあまり厚手でないやつ。



そしてタイト目なやつ。



そして巷にあふれてるのとかぶらないのにシンプル。



こーゆー条件のものはなかなかないですね しょんぼり





最近はベルベットの1つボタンJKも買い損ねました。



妙なテカリがないのが見つからないのです。



欲しいものがない・かといって妥協もできない・・・



というのは困ったもんです。悲しい




もう最近、足が痛いんです。



いまさら何を・・って感じですが



たしかに立ち仕事だからってのもあるけど



僕の場合は靴のせい。





チゼルトゥだのロングノーズだのと、先がとんがった感じ



のが多いからやられたんです。 ショック



どうしてもノーズが長い細身のが好きなんだけど



甲高・幅広の足にはまったく合ってないんですよね・・・



ほんとはコテコテのウォーキングシューズなんか履いたら



それこそ楽でいいんだけどねぇ。 悲しい





でもええっ?っていうようなデザインしか売ってないし。



仕方ないから中にソールが分厚くはいってる奴をはいてるけど



形が嫌いなんですよね。





でももう既に足首の骨に違和感があるからこのまま



してるとホントにやばいんでもう尖った靴は止めます。冷や汗




靴のカカトが減っちゃう!



ってないですか?



刑事じゃないんだから・・ってことはないですが



これは結構悩みなんです。



やっぱり店で歩き回るのもあるだろうし、歩き方の



癖もあるんでしょうがカカトが減りますね。





私の場合、店に居るときはスニーカーということはまず



ありません。



しかもノーズが長かったり、ブーツ系っぽいものが



多いのでカカトがねえ。





三越の地下1階にある



ミスターミニットマンに行きます。







ここはデパートにあるだけあってうまい!! 楽しい



高さもバッチリ合わせるし、減りすぎててもかかとを



足しなおしてから打ち変えてくれるし、



色まで塗ってくれてる。



お客さんに求められてることのレベルが高いから



全部頼まれなくてもやってくれてそれが当たり前に



なってる感じのお店です。



料金は一緒だから



ある程度ひどくなってから行った方がお得です!





なんじゃそれ ショック








ユニバレ とは・・・





ユニクロの服を着ていることを周りに気付かれること。



【年代】 2009年  【種類】 若者言葉・合成語







だそうです。



なるほど・・・



で、最近では若い人の間では自らユニクロの服に



手を加えてカスタマイズしてわからないようにして



着る人もいるとのこと。



これを 『 ユニ隠し 』 というそうだ。



こりゃなかなかいいじゃん。オリジナリティがあって・・拍手







まぁ実際に街で歩いていて思いっきり他の人と被ってしまうと



なると、確かにそれは嫌かもね・・・



これは 『 ユニ被り(ユニカブリ) 』 というらしい。



特にその被ってしまっている方のキャラなどが



自分とかけ離れてたりしたら・・・それは嫌・・ ショック





でも逆に自分よりはるかにカッコいい感じの



方が自分と同じユニクロ着てた場合はいいんじゃないかなぁ・・



まさか、この人までもが?て感じの方だったらね。





『 ブルータス、お前もか?・・』 



って感じ。
最近はマクロビオティックというライフスタイルで有名な



マドンナのPVをあれこれ見る機会がありました。



マドンナといえば正直もう結構50位の年齢なはずなのに



なにかのPVで綺麗にヴォーギングをやってたんで



びっくりしました。



この人のアンチエイジングには本当に驚かされます。 びっくり





これは元はといえば90年頃にゲイ・カルチャーから発信されて、



雑誌VOGUE(ヴォーグ)のモデルのポーズなんかにも



似ていることから命名されたアンダーグラウンドな



ダンスだったんですねぇ。



マドンナの曲『 VOGUE (ヴォーグ) 』



のPVで登場してから



世界中に知れ渡ってメジャーになったわけです。



今みる千手観音的な動きや蛇腹的な動きの元祖ですよ!!







福岡でも当時コートで隠して中はボンテージファッションで



ディスコにやってきてる人は一杯いましたからね。

(クラブと呼ぶ前の時代ですね)





雑誌VOGUEといえば、私もその頃は洋書を船便で



毎号取り寄せて見たりしてたんだっけ・・



その頃の熱心さはどうした?って言われるかもですが、



当時と違って今はイギリスをお手本にしなくても



日本の美容技術は常に世界一ですから。しょんぼり





で、話を元に戻すと



ヴォーギングはタッチダンスとヨガのポーズの要素を



取り入れてるわけなんで・・・



だもんだから今時古すぎるかと思いきや、



最近はヨガなんかもきてるから今見ても



そう悪くもないんですよね





マドンナのダンスフィットネスワークアウトなんかの



動画をご覧あれ!




珍しくリフォーム屋さんに行ったのです。



というのも新品のパンツなのですが



ウェストがブカブカなのです。





私は膝が太いわけでもないのに



ウエストに合わせると膝がきつくて



膝に合わせるとウエストがブカブカ



だったのです。 悲しい



そんなら買わなきゃいいわけですが



まぁ直して着ようかなということで・・・グッド



まだ裾もあげてないので、ウエストの



調整と裾上げでリフォーム屋さんに行ったのです。









その道40年のおばちゃんに言わせると、



今の洋服は何かしらそーゆー部分が多くて



人間というよりマネキンが着るような感じ



になってるので難しいらしいです。 冷や汗



座ったときにウエストが・・・とか



かがんだときに膝の位置が・・・とか



いわゆる洋服を仕立てる上での昔から



のお約束が無視してあるのだとか・・・



えらく力説されてしまいましたが、まぁヘアでも



いろんなお約束があるように服にもあるんでしょうね!!







私のパンツもウエスト部を分解して3〜4ケ所



から長さを詰めないとデザインがおかしく



なってしまう・・・などといわれました。 しょんぼり



面倒やなぁ・・・なんでもいいけど



綺麗に直して欲しいけどなぁ・・・



1週間後に期待!!






女性にはアロマとか、お香を焚いてみたりなんか流行ってますが



確かに香りというのはいい気分転換になります。



フレグランスを楽しむ・・までは行かないけど



たまに付けてみると気分転換になります。楽しい







クリニークの『 ハッピーフォーメン 』



甘めの香りが好き。
仕事が仕事だけにスーツを着る機会というのは



基本的に全くないわけですが・・・





今後は着ないといけない事もありそうということで



シャツを考えるのですが、なかなか難しい。



『 ワイドカラー 』 だの 『 クレリック 』



だの色々あるわけですが目下のところは



『 ドゥェボットーニ 』 



というやつ。



一番上のボタンが2つあることで襟の高さが



通常のシャツよりも高いんですよね。



ネクタイを締めた時でも、ノータイでも正面から見た



首付近のバランスが格段に良くなります。







この写真のはトレボットーニで3つあるので



襟の高さが高すぎ・・・ショック





この手のボタンダウンでなにかいいのはないかしら・・しょんぼり






洋服を見たりする時に、ずっと付いてこられる事



ってないですか?(男性の店員さんに多い)





僕はあれが苦手・・・・



もう店に入ってまだチラッと棚を一瞥した位で



すぐにやってきて



サイズを出しましょーかだの、それは形が綺麗です



だの色々言われるのでホントに困ります。



用事があれば聞くわけだし・・・ショック





『 物を売る 』 



という事だけ考えれば



その位ないといけないのかもですが



相手にさりげなく逃げ道も残してあげるような



高度な接客をされた時はプロだなぁー・・



と思いますね。楽しい





僕たちの仕事にも参考になりますね・・
1