備えあれば・・・


電磁波の危険性が騒がれています。

家電や・パソコン・携帯などが発する電磁波が癌や白血病の発症やら

様々な健康被害をもたらすと告発されているわけです。

とりわけ携帯やPHSは

*耳につけるので脳に影響を与える。

*通話していない時も電磁波が出る。

*医療機器や飛行機の計器に影響を与える。

などとリアリティを持っていわれています。


しかしホントのとこはどうなんでしょうか?


私などは携帯の呼び出し時に最も大きな電磁波が出ると聞いて

呼び出しの際は耳を離したりしています。

で、出た瞬間に耳を付けるのですがタイミングを間違えて変な間を

つくってしまい動揺することも少なくありません。

いろんな本を見ても、結局高出力の電磁波なら細胞障害やら遺伝子障害

の原因にもなるけど携帯の電波くらいなら・・・という感じのようです。

実際に一方では健康機器として、「高周波治療器」なんかが

かなり高額でも結構売れたりするのだから訳が分からないです。




私が以前、整骨院でなにやら電気をかけられている時に

人が私の手に触れた事があったのですが

瞬時にビリッときて持っていたペンが吹っ飛んだことがありました。

こーゆーハードな電気治療はよくて携帯は危ないといわれてもなぁ



携帯の電磁波はたいしたことがなくても長期間にわたると

いろんな問題が・・・なんて話もよくききますが。

100℃のお湯を頭にかければ火傷しますが40℃を毎日でも問題ないと

思いますが・・・・



ウチは毎日40℃位のお湯で御客様の頭を洗ってさしあげていますが

「おたくでいつもシャンプーしてるからだんだん火傷してきたわ」

なんてクレームはきたことがありません。

皆さんも毎日お風呂にはいりますが火傷はしませんよね。


ホントのとこはどうなんでしょうか?


関連する記事
コメント
コメントする