最近テレビを見てると



『 泡で染まるカラー 』





なんてやってるのでびっくり びっくり





これを見てまたお手軽に挑戦してしまう人もいるのかも



ですが・・・





通常、サロンで使うカラー剤はクリーム状で粘性が



あります。そのために髪表面に絡みやすく、接する面積



が広くなることで短時間での作用を促しているのです。



『 泡状 』 というのは中身は液体でガスで発泡させることで



ムース状になるわけです。



僕から言わせるとそれで通常と同じ染色効果があるというなら



今までの薬局で売られていたホームカラーよりさらに



強い薬なんだろーなーってこと。冷や汗





なによりよろしくないと思うのは



脱色力のある薬が毛先まで付いてしまう事!



ウチでカラーする時はほとんどの場合、根元の新生部と



中間・毛先は違う薬を使っています。



既に染められている部分は脱色効果は要らないから



色素だけ入るお薬です。



新しい健康な髪はしっかり染めて



毛先はダメージレスに染める・・・



美容院だから出来ることです。



コマーシャルで飛びつかないでくださいね・・ 悲しい

 

コメント
コメントする