最近すごく驚かされるのがホームカラーのお客様の



髪の傷み。




かなりすごいものがあります!!





パーマをしている方が1回ホームカラーをした位でも



縮毛矯正連続5回した位のダメージになっています。







美容室ではカラー剤は通常その剤を毛髪に浸透させるために



アルカリの力を借ります。



たんぱく質である毛髪はアルカリ剤に触れると



ペーハーが9〜11位に上がり表面が開いてくるため



剤が浸透しやすくなります。



これを効率的に行うため剤自身にも粘性があり



クリーム状になっています。



しかし染色が終われば、すぐにペーハーを下げて



毛髪表面を閉めてしまいます。



薬効成分も酵素で分解してしまいます。







ではホームカラーはどうでしょう?



ムース状のものはクリーム状と違い毛束への



密着度が落ちるのでその分ハイパワーな脱色力に



しておかないと染まりません。



さらにペーハーを下げないで放置しておくと



表面が開きっぱなしなので髪の中身がどんどん流出



していきます。びっくり



手軽さだけを売り物にして大丈夫なんでしょうか?
コメント
コメントする