またまたホームカラーで困っている方が

いらっしゃいました。

初めての方なのですが、例によって色が

グリーンになっています。

マジで困っておられました。

なんとかなりませんか?と・・

やっぱまだ売ってるんですね。

『 光で染まるカラー剤の類 』

ヘアクリームみたく髪に塗っておくと

太陽光や蛍光灯の光に当たるだけで

自然に染まります!
というもの。



実際には 硫酸銀や硝酸銀

など劇毒物が・・・!!

銀イオンの光還元反応で光を吸収する

硝酸銀などが金属銀微粒子に変化し髪に吸着。

吸着した微粒子が光に反射することで

髪が染まっているように見えると

いう仕掛けです。




それにしても一般市場で売られるものにどうして

硫酸銀を認可するんだか??

薬事法どうなってんの 汗



まぁそれでもいいんですがさらに重ねた

ホームカラー剤がこれに化学反応して

美しいグリーンに変身されたとのこと・・・・

玉虫のように綺麗な色ですが
(ほんとに綺麗な緑色)



コレ絶対に治りませんので

念のため
・・悲しい


まだテレビショッピングで売られてるので

あまり書くとよくないですが、

実際に駆け込んでくる方がいらっしゃるので

美容院としての注意喚起というとこでしょうか。

コレを単品で使用する分にはまだ大丈夫なん

ですが、この上にカラーを重ねてしまった方に

こーゆー事故が発生しているんです。

つまりこの商品は上からカラーが重なった時の

化学変化で問題を起こしているのでこのメーカー

にPL法的な責任を問うのは困難です。

(きっぱり)


ではどうなるかというと

2次的カラーを行った人が

かぶらなきゃならなくなります。



つまり、ホームカラーならご本人の自己責任だし

美容室で何も知らずにニコニコとカラー剤を

塗ってしまった美容師にすべての責任が

転嫁される可能性も大です。


お客様からすると美容院で染めたら

グリーンになったように見えますから当然ですね。 

(実は無関係なんですが・・・)



それはそうと結局は

またもやお風呂グッズを使ったレスキュー品で

どうにかはしましたがかなり大変でした・・・

なんとかするためのオペ・・

これ店に置いといてよかったです。


髪が発熱する可能性がありとても怖いです。。


この数年間で同じ例が4人目なのですが

アルカリカラー・ヘナ・酸性カラーや

脱染・脱色などの一般的なロジックでは対応

できないので美容院としてはとても

コワイです。 冷や汗



現在、美容界において明快な

対処方法は見つかっていない


というのが本音のとこで、

従来のホームカラー剤とは

別格レベルにオススメ

できない代物です。



成分表示に硫酸銀や硝酸銀を見つけたら

手を出さない方がいいですよ。


 
コメント
コメントする