話題沸騰!!



南アフリカのマンデラ元大統領の追悼式での手話通訳が、



全くのデタラメだったという話。



笑ったらいけないんでしょうけども・・・びっくり











なんでこんな人が入り込んでるんだ ってのもあるし。



真顔でやってるから結構それっぽかったり・・・



でも通訳男性の本人は、自分は手話のプロだとか



自分の信じていることをやったまで!とか



訴えてるそうです。悔やしいんだかなんだか。



まぁ世の中、どーゆーデタラメでも本人が勝手に信じ込んでるぶんには



笑われるだけだから無害でいいんですよね 楽しい



この人もこれはこれでいいんじゃないかとも思いますが・・



人に迷惑さえかけなきゃね。







ちなみに彼の手話(というか手の動き)を逆に訳してみると



『 さあパーティーを始めよう



 大きな魚・小さな魚・段ボ−ル箱! 』






やっぱり駄目かな、こりゃ しょんぼり






関連する記事
コメント
コメントする