来年公開予定の映画『 007 』シリーズの最新作の宣伝を見ました。

内容は前作『 007 スカイフォール 』を踏まえた構成になるとか。

ちなみに前作は全世界での興行収入が約1,100億円を超える

シリーズ最大のヒットを記録したほか、シリーズ47年ぶりに

アカデミー賞も獲得しちゃいました。


へぇと思いながらレンタル屋に行くと前作はなくて

前々作しかないのでソレを暇つぶしで見てみました。

劇中でボンドと関係のあった女性が全裸で

全身オイルまみれにされて殺されているというシーンが

ありました。





これ昔・ゴールドフィンガーで同じく裸で全身に

金粉を塗られて殺されるシーンが元になっているみたいで

まだこれやってるんだなぁと思いました。




ただ実はこれって有名な

都市伝説なんですよね。



人間も皮膚呼吸はしますが、全呼吸のわずか1%以下です。

あとは全て肺呼吸だから影響ありません。

体温調節が困難になることはあっても

窒息では死にません。

だからこれだけで不具合が出るなら大変ですよ。

現にプールや海で水に浸かっていても窒息しませんよね。

皮膚呼吸がふさがれて死に至るのは気門で呼吸する

ゴキブリなどの昆虫だけです グッド

ただゴキブリの気門の場合は油で守られてるので水では

効き目ありませんからシャンプーや洗剤などベタベタしたものを

体にかけられるとイチコロです。

ここで

『 ゴキブリが死ぬ位だからこのシャンプーは猛毒だろう 』



というのもこれまた都市伝説 楽しい



ベタベタしたものならなんでも効くんですね。

気門を塞ぐだけですから

(ジャムでもいいんですよ!)


ちなみに髪の毛の場合でも

『 表面に膜が張ってしまって呼吸できない・・』なんて

笑い話を訴えたり、信じたりする人もたまにいますから

都市伝説って面白い・・・拍手

話の内容よりもインパクトなんですね!

このように都市伝説って、時に恣意的に、時に偶然に、時に意図的に?

作られていくんですねぇ 楽しい


ジェマ・アータートン綺麗やったなぁやっぱり・・

最新作はどうなっていくのか来年が楽しみです。

 
コメント
コメントする