ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色や

タイプの毛染め。

 

「毛染めによるアレルギーのリスクについて、

正しい知識が消費者に十分伝わっておらず...

と発表した。


 

消費者庁には、2010年度以降の

およそ5年間で、1,000件を超える被害相談

が寄せられ、そのうち、およそ170件は、

1カ月以上の重症だった・・・・




最近のニュースからの抜粋ですが怖いですね びっくり

いずれこのようなことになってくるのではと

以前から思っていました。



そもそもヘアカラーは免許制になってる

美容室業務の中に入っているのにメーカーが

一般市場に医薬部外品のカラー剤をどんどん

出し始めたんですね。

そうするとお手軽な雰囲気だから簡単に

自分で染めちゃえなんて感じになってきます。

おまけに自宅でするから匂わないとか

匂わないから薬がやさしい・・

とかそういうウソの刷り込み付き。

逆なんですよホントは しょんぼり

どんな剤でもマスキングはあるでしょうけども

匂いを出さないために揮発しない

モノエタノールアミンなんかを

アルカリに使うと毛髪と頭皮に残存します!

逆にアンモニアなんか使ってしっかり揮発

させてる方が薬剤としては安全なんです。

酸化染毛剤の場合は・・・


だって空気に触れながらどんどん蒸発する

わけだから。

さらにアルカリ度の問題もありますし。

美容室がフルに換気してんのはそのためです。



染める技術についてはもちろんのこと

サロン品とパブリック品ではそういう意味でも

明らかな違いがあります。



自宅で専門知識のない人が見よう見まねで

医薬部外品を使いアルカリ残存させる・・・

こんな危険なことありますか?

洗ったら解決するわけじゃありません。

余ったらとっておける?って小さい子が口に

入れたらどうすんの?

という感じです。


合わないなと思いながら、ごまかして

続けてる内にアナフィラキシー的に

症状が出ると厄介なことになります。

呼吸困難まで行かなくても劇症的に湿疹が

出るというのはあります。

ステロイド等で一時的には抑えられても

予後はあまり良くない場合もあります。


とにかく心配な方は困った状態を自分で

判断しないほうが良いです。

放置しないで美容院でキチンと相談することを

心からオススメします。嬉しい












     

コメント
コメントする