いきなりなのですが

宇宙空間はどんな形状なのか?



また、

宇宙の果ての端っこというものは

存在するのか考えたことって

あるでしょうか?




ドイツの大学の博士が提唱するには、

宇宙は実は、こんな形をしてるというのです嬉しい


宇宙背景マイクロ放射における謎がこの型の

宇宙であるなら、いろんな謎を説明できるという。



博士によれば、なにやら幾何学的な手法によると、

このような宇宙が考えられるというのですが・・

ロケットでラッパの広い口の端まで飛んでいくと、

いつの間にか、反対側に移って、口の狭いほう

に逆戻りするというのです。

うーんわからん。ショック





何か気の利いたコメントでもしたいとこだが

やはり学生の時に勉強してきていないので

無理というものです。悲しい



話しは元に戻りますが、もともと150億年前に

ビックバンが起こってからというもの、

今現在も光の速さで宇宙の拡張は続いているというし、

宇宙空間の形も実体もよくわからない。ショック


ただそれは、我々が地球に住んでいて

『三次元の世界』だから理解しにくいと

いうのもあるのだと思います。

少なくとも宇宙が四次元の空間であるとすれば

地球のような『三次元空間の端っこ』

存在しないのでしょう。

どういうことかというと例えば、

地球という三次元の空間では

『二次元的な面の端っこ』は存在しません。

二次元のノートの上ならば隅っこがある

わけだけど三次元だからないわけです。

表面をどこまでも走り続けても端っこ

には到達せずにグルグルと周り続けるだけ

になってしまうからです。ショック



これと同じように超速で、三次元の概念で

四次元の宇宙を飛び続けてその端っこを

確認しようとしても

グルグルと回っているだけに

なってしまうのだろう・・・


ということです。 冷や汗

おそらくこんな解釈なのでは?・・・・



宇宙が四次元どころか、現代科学では

世界が厳密には何次元で構成されているのか

すら解明されてはいないのです。

まぁ結局、誰も確かめることが出来ないから、

概念や定義の話になってしまって途方もなく

難しくなってしまうのでしょうけど。

やはり宇宙というのは人間のちっぽけな

五感などで理解しうるものではないの

だろうと思います。

もっともらしい説であればあるほど

真実からは、かけ離れていってしまうという

のがホントのとこなのではないでしょうか しょんぼり


で、とりあえず私のすべきことは宇宙の最果てに

思いをめぐらせるよりか、

んなことはどーでもいいから早く寝て

明日の営業に差し支えないよう


努めるべきだというのが、真理である! 

と悟った・・・・冷や汗



 
コメント
コメントする