本質的な意味で、髪や肌のツヤを取り戻すには

抗酸化がキーとなります。


人間は生きている限り


プラスイオンが増えてマイナスイオンが

不足する。

水素が失われて酸素と化合する。



つまりは・・・酸化していく 

わけです。


これに抵抗するわけですから、この真反対で


酸素を取り除く、水素が付加される。

マイナスイオンが供給される。



つまり 還元する が大切なんです。

したがって 還元=抗酸化 

ということになります。








これは私が思い付きで書いているようないい加減

な話ではありません。

例えば、近頃よく話題になる水素とか水素水

なんかもここからきていて、還元のために水素を

付加しようという理論上のことからきていることです。

水素水注射(関節注射、筋肉注射、皮下注射)

だのさらにはガン治療の高濃度ビタミンc点滴に

代わって水素水点滴まで出てきています。

これが実際に医療現場で使われているのです。

 

※ただ水素水を経口で飲んだ時の医学的な

 効果までは私は保証できませんが


要はカラダのエネルギー工場であるミトコンドリア

から、どうしても発生してしまう「活性酸素」が

DNAや細胞を破壊し、それによる機能障害やら

イレギュラーがこういう問題の原因と特定されて

いるから、この 『 還元 』 によって

これに対応しようという流れになっているわけです。


これと並んで最新の情報では 

肌も糖化すること が注目されています。

血中の余った糖分が体内のたんぱく質と

結びつくいうものです。

これによってAges(糖化最終生成物)が

できます。

これを調べると残りの寿命がわかるという位に

体のサビをあらわしているAgesですが

これが角層にも真皮にもできることで

くすみやたるみを招くと言われています。

要するに不必要に糖質を取り過ぎると

糖化が進んでしまうけどもこれが肌に影響

しているということです。

もちろんこれは糖質カットすればいい

ということではなくあくまでも不要に血糖値が

上がらないレベルであればよいわけです。

余剰したが糖分がAgesの原因ですから

健康を害してなくても血糖値コントロールを

意識することが体にも肌にも良いという

ことになるのではと思います。

Ages(糖化最終生成物)は 

血糖値×年数で出てくるわけなので

やはりこのへんは以前の、

血糖値についてのエントリー

http://presence1.jugem.jp/?eid=593 と

符合するようですね。



このように

酸素を取り除く、水素が付加される。

マイナスイオンが供給される。


還元=抗酸化 


をテーマにして、

髪やお肌のためのプロダクツを

選ばなければいけないと

いうことなのです。

 

 

 

 

当店のオススメ化粧品はコチラ↓

http://presence1.jp/?pid=96117117

 

 



関連記事

アンチエイジンと肌診断

http://presence1.jugem.jp/?eid=612

アンチエイジングの本質
http://presence1.jugem.jp/?eid=596

化粧品の美容成分
http://presence1.jugem.jp/?eid=616

湿度が低い季節の肌
http://presence1.jugem.jp/?eid=615

基礎化粧品
http://presence1.jugem.jp/?eid=597


基礎化粧品の種類って
http://presence1.jugem.jp/?eid=599

化粧品に何が使われているか・
http://presence1.jugem.jp/?eid=611

髪を本質的に綺麗にする
http://presence1.jugem.jp/?eid=601

無添加化粧品の安全性
http://presence1.jugem.jp/?eid=600

肌への水分補給
http://presence1.jugem.jp/?eid=606

抗酸化のコツ
http://presence1.jugem.jp/?eid=607

洗顔料・クレンジングの選び方
http://presence1.jugem.jp/?eid=608

化粧品の表記
http://presence1.jugem.jp/?eid=595


アンチエイジング化粧品なら
美容室プレザンス 

ホームページ ・http://presence1.jp/

メニュー・http://presence1.jp/?mode=f3

アクセス・http://presence1.jp/?mode=f2

ご予約・https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01022495

tel 844−3585








 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする