化粧品にはなんらかの形で必ず

水が使われています。

ただこれがどういう水なのかというのは

実はその化粧品のスペックを大きく左右します。



例えば、 「 水道水 」

もちろん普通は水道水で化粧品を造ることはない

わけですけども、50mプールに換算すると

ドラム缶数本分の不純物が溶けております。

塩素とか、カルシウムだとか様々な不純物です。

こんな水を、料理、洗濯、入浴に使用してるのは

怖い気もしますけども、でもまあ、世間一般では

常識として許されております。


次に


「 純水 」 といわれるレベルの水です。

これだと50mプールに、角砂糖1個分の不純物が

溶けております。

化学製品製造やら飲料の原料や、機械の洗浄 

科学実験などに使われております。

「 蒸留水 」「 精製水 」「 脱塩水 」

もこのレベルです。



で、そのさらに上が

「 超純水 」

なんと、東京ドームの広さに、わずか1グラムの

砂糖を溶かした程度(濃度単位ppt:1兆分の1)

の不純物しか含まれておりません。



限りなくH2Oに近い水、つまり

純度100% に近い状態にした水




が、 「 超純水 」 です。



この超純水は、医療品製造とか、半導体業界とか

原子力発電とかでパーツを洗浄するなどにも

使われています。

なぜこれほどの水を、ものを洗うのに使うのか?

というと

何も溶けていない水だからなんです。

何も溶けてないほど、何でも溶かし込みやすい

性質があるので、ほとんど何も含まれないという

超純水は、様々な物質を溶かし込む力が

最も強い水 ということが出来るんです。


そのために細かな塵ひとつ許されない現場で

あえて洗浄工程で活かされているわけです。

もしもこのような水で

髪を洗ったり、スキンケアをしたりすれば

それは凄いことでしょう・・・



ちなみに普通の化粧品に使われるのは

「 純水 」です。これが普通なんです。



では「 超純水 」を使って

化粧品を造るとどうなる

でしょうか?・・・・





化粧品の中に配合する有効成分との親和性が

桁違いに良いため有効成分をダイレクトに

化粧品の中に溶かしこむことが可能です。 

これによって



化粧品として、

そのマックスパワーを発揮できる

ことになるのです。



どいういう原料でつくられているのかも

化粧品を選ぶにあたっては非常に重要な

ファクターの一つなのです。
 

 

 

 

当店のオススメ化粧品はコチラ↓

http://presence1.jp/?pid=96117117

 

 

 


関連記事

アンチエイジンと肌診断

http://presence1.jugem.jp/?eid=612

アンチエイジングの本質
http://presence1.jugem.jp/?eid=596


湿度が低い季節の肌
http://presence1.jugem.jp/?eid=615

基礎化粧品
http://presence1.jugem.jp/?eid=597


基礎化粧品の種類って
http://presence1.jugem.jp/?eid=599

化粧品に何が使われているか・
http://presence1.jugem.jp/?eid=611

無添加化粧品の安全性
http://presence1.jugem.jp/?eid=600

肌への水分補給
http://presence1.jugem.jp/?eid=606

抗酸化のコツ
http://presence1.jugem.jp/?eid=607

洗顔料・クレンジングの選び方
http://presence1.jugem.jp/?eid=608

化粧品の表記
http://presence1.jugem.jp/?eid=595


アンチエイジング化粧品なら
美容室プレザンス 

ホームページ ・http://presence1.jp/

メニュー・http://presence1.jp/?mode=f3

アクセス・http://presence1.jp/?mode=f2

ご予約・https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01022495

tel 844−3585


 

 

関連する記事
コメント
コメントする