お客様にシャンプーについて良く尋ねられるんです。

 

いろんな誤解が蔓延しているというか刷り込まれている

 

ようですが、実は・・・

 

 

シャンプー剤って洗いながらも

皮膜をくっ付けていくものなんですよ



なんて言ったらどう思います??


え〜っ そんなわけないでしょ・・・

 

そう思った方が何をおっしゃりたいか良くわかります。

 

だって髪の毛に皮膜が付いたら悪い成分を閉じ込めたり・・・

 

あれやこれや悪いんでしょ??・・

 

ニスを塗ったみたいになるんでしょ??

 

髪にサランラップしたみたいになるんでしょ??

 

肌のクレンジングしてないみたいなイメージなんでしょ???

 

 

  いいえ違います。

 

 

だって、あなたの髪はシャンプー後に

 

『 髪がダンゴ状になってクシも通らない!! 』

 

とはなってないですよね。

 

ってことは、

 

すでに、ちゃんと皮膜が付いてるわけで

 

コーティングされているってことなんです。

 

 

 

 

不思議なことに無理やりにシリコンやら皮膜を悪者にして、

  シリコンや皮膜成分が入ってない!

  髪の皮膜成分(ポリマー等)を取り除く!

  髪に残った悪い成分?を取り去る!


なーんて謳い文句のシャンプーもいろいろあるようですから

 

だいぶ乗せられた人もいると思いますけども

 

 

ただの販売戦略なんですよね 楽しい

 

実際にはそう作られてはいないんです。

 

 

  ええっホントに???

 

 

 

シャンプーやトリートメントの製造の観点で考えると


それがどうしてなのかがよーくわかります。

そしてその販売元の説明とはかなーり違った事実がたくさんあることも

よくわかります。見る



シャンプー剤は

洗浄成分+感触向上成分 の基材で作られています。




 アニオン界面活性剤  + カチオン化セルロース

 (例・パレス硫酸naなど)   (例・ポリクオタニウム10など)



ベースとなる活性剤以外に助剤的に複数の活性剤

も入っていますが基本的にはこの組み合わせが基材です。


 

これによって汚れを落とすと同時に
 
髪に皮膜をくっつけるのです…


簡単に言うと、洗っている時に一定の濃度まで水で

希釈が進んだ時にカチオン性どうしで結合する現象を利用してるんですが

これによって毛髪表面に皮膜ができます。

界面活性剤ですから水を使って油分汚れを・切り離しますが、同時に

プラス帯電(カチオン)のセルロースを皮膜としてくっ付けているのです。



 
カチオンのセルロースやポリマーは疎水性ですから
親水性に傾いたダメージ毛にはとても効果的!

良い働きをしてくれるわけです。拍手



これが普段の頭皮から出る皮脂膜の代わりとなり

洗い上がりを滑らかに保つわけです。

 

 

 

そもそも

 

ポリクオタニウムが入っている

 

という時点でもうこれは

 

皮膜成分が配合 ってことなんです。

 

高分子の重合体を表す『 ポリ 』

(ポリエチレン・ポリエステル・・・など)

 

カチオンを表す『 クオタニウム 』

 

ポリクオタニウムには10とか64とかインキ名に

 

登録された順に番号が付いていて

 

それが種類を表しているだけで

 

全てがカチオン化高分子の皮膜成分なんです。

  

 

ちなみにですが

 

同じように皮膜になる成分の

 

 ポリクオタニウムー64

 

 2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン

 

 リピジュア

 

↑これらは3つとも全部同じものなんですが・・・

 

メーカーによって売り方があるので、成分をわかりやすい

 

表記で強調したり、逆に意図的にわかりにくい表記に

 

したりとかもあるんですよね。楽しい

 

同じ皮膜成分だけど商品によって、その販売コンセプトに合わせて

 

リピジュアと載せたり、ポリオター64と載せたりするんです。

 

なんにでも入ってるんです皮膜成分って 楽しい

 

 

 

聞いたことのある説明と違う・・・

と思うかもですが、コレは真実です。




それどころか製造メーカーの人にとってはこの処方の理論は

誰もが知る常識で20年かそれ以上前からずっと使われています。

(※現在ではこの組み合わせの理論・メカニズムについて論文まで出ています)


レベルは違いますが昔のリンスインシャンプーも

この理論から派生したものです。

現在、販売されているシャンプーでこの理論で作られていないものは

おそらくゼロでしょう・・・
ラッキー
 

もしもメーカーの人に

 

「 洗浄成分だけで作ってください! なんて言ったとしたら  

 

 あのねぇ・・・・と、笑われます。(そんな事は言いませんけども)あっかんべー


実際に界面活性剤だけの 試薬を使って、カラーなどをしている普通の髪の毛を洗うと

激しいキシミと、からまりで髪がとんでもないことになってしまいます。
悲しい


商品として全く成立しないのです。


「 髪の毛を洗うモノ 」というのは

瞬時に同時進行で皮膜ができるものでないと、もともと作れないのです。

 

洗浄成分だけのシャンプーなんてもちろん作れないんですし

 

感触向上成分が入ってないシャンプーなんて

 

存在しないんです。




洗浄成分と、感触向上成分 この両方が入っていて始めて

「 髪の毛を洗うモノ 」として成立できるのがシャンプーなのです。
 


 

 


え〜っ、!? じゃあノンシリコンてのは??

界面活性剤 + カチオン化セルロース等の基材にプラスして

ジメチコンなどのシリコンがさらに配合されているか、いないかだけの違いなんです。

ですから原材料費の高価なシリコンが入っていないだけ製造原価が安く

できるだけの話。

皮膜が出来ることでしっとりするいつもの仕組みには何の変わりもありません。

「 ノンシリコンなのに潤う!! 」なんて商品があるのも

こういう仕組みだから当たり前なんです。楽しい


ただシリコンが入っていない分だけ「 サラサラ感 」 などは少し劣りますから

それは ペアのトリートメントを使ってください・・・とか

    悪いものが落ちてる証拠です・・・(コレは感心するほどのこじつけ)

          なーんて説明になってるわけです。

 

 

 

ちなみにこのペアになるトリートメントには一般的に

 

ベヘントリモニウムクロリド(第4級カチオン界面活性剤)

 

とか

 

ステアトリモニウムクロリド(第4級カチオン界面活性剤)

 

 

なんかが入ってますから

 

これでまた表面に皮膜を付けるんですね。

 

カチオンですからしみこんだりしませんが膜はしっかり付きます!

 

 

要するに傷んだ髪(マイナスに帯電)をシャンプーして

 

ポリクオタニウム(プラスに帯電)でイオン的に皮膜をくっつけ

 

さらに上からトリメンの4級カチオン(プラスに帯電)で

 

2重、3重にコーティング!!

 

2重、3重の皮膜をしっかりくっ付けた事で

 

しっとり、サラサラ潤いますよ!・・・・

 

というのがシャンプー・トリートメントの

 

ごく当たり前の流れなんですね。楽しい

 

 

で、それでもしっとりやサラサラが足りない人は

 

もっと濃厚なトリートメントもしてるわけです。

 

そこにはシクロペンタシロキサンとか、アモジメチコンとか

 

いわゆるシリコンが、がっつり入っていて皮膜が出来る・・・

 

 

また ポリオター64とか エルカラクトンとか

 

そーゆー皮膜成分が入った

 

洗い流さないトリートメント(ブローローション)なんかを

 

付けて髪を乾かして熱吸着させる・・・

 

こんなんでツヤツヤ・サラサラにしてるわけでして・・・

 

 

 

これがごく一般的なシャンプー・トリートメントなんかのやっていることで

 

この流れに悪い成分とか問題とかは何もないんです。

 

 

どれもこれも皮膜成分が不可欠で、これがない状態でで成り立っている

 

ヘアケアなんてそもそもないんですよ 楽しい

 

 

 

意外なことに

 

ノンシリコンだのノンポリマーだの

 

皮膜を取り去る!だのを謳い文句にしてるものに

 

限ってごく普通にこのように作られているもんです。

 

 

何もないところに無理やりに問題を作って売り文句に

 

してるだけ・・・というのが実情なんですね。


 


美容についての誤解が広がらないように、たまには

 

真実は明らかにしないとね・・・楽しい

 

 

だからノンシリコンとかノンポリマーとか

 

皮膜を取る・・とかの売り文句を真に受けて

 

シャンプーやトリートメントを選んでも意味は全くないです。

 

あらゆるシャンプーやトリートメント

 

はもちろん、カラー剤・パーマ剤・

 

ストレート剤・・・インバス、アウトバスの

 

ありとあらゆる剤という剤に、全て皮膜成分が入っているからです。

 

 

 

 

 

そういうことも含めて美髪に効果のあるシャンプーも

 

お店で取り扱っていますので興味のある方は

 

相談してくださいね!(真実を語りますので)




 

関連する記事
コメント
コメントする