路面店で営業していると、いろんな営業の人が

やってきます。

なかなか対応する暇はない場合も多いですが

なんでも勉強なんで時々は話を聞いています。

居酒屋とかいろんな店に委託されてる営業マンで

割引チケットを持って直接に宣伝に

やってきた人がいました。ショック



で、この居酒屋で飲んで

7000円以上のお会計になると

2000円引き、


10000円以上のお会計になると

3000円引き


という摩訶不思議なチケットを持参して

こられました。

しかもこの摩訶不思議チケットを5枚セットで

持ってきて

3000円で購入してくれ! 
というのです。



彼曰く、

『3000円引きになる券が5枚で

15000円も得するものを3000円で

購入できるのですからすでに12000円

もお得ですよ。』
との事。


こーゆーとき私のアナログな脳みそでは 

『 にこやかな表情を崩さない指令 』 を

顔面に伝達しつつも、このチケットのメリット

デメリットを細かく計算することは全く

不可能であります。しょんぼり



だが落ち着いて考えればわかることで、

彼の言う12000円得をするというのは

私がその居酒屋で10000円以上使う行為を

5回も繰り返したと仮定した場合の事

である。
しかも5回もその店に行くほどに

私がその店を気に入ってしまうと仮定した場合の

ことでもある。




つまりすべて仮定の上に

成り立っているのです。


さらに私が12000円得するためには、

現在も何の興味もわかないその居酒屋において

少なくとも 35000円の現金を

使わなくてはならない
というカラクリ


私は、

『 でも一度行って、もう行きたく

 なくなったら?・・・』


という質問をぶつけてみた。すると 

『 それでも、そのとき10000円の会計で

3000円割引してもらえるから、今日払って

いただく3000円は取り返せるから損は

ないわけです。』 と彼は言い放った。

きっといつも言っている台詞なのだろう。

想定問答でその辺もガッツリ作りこんで来てる

わけですね。


でも、どんなだかもわからない行く予定も

なかった居酒屋に3000円の割引目当てで

10000円分の飲食に1回は行かなきゃきゃ

いかんわけですから

それだけでもリスクじゃんか・・・と・・・



まぁなかなか面白い営業方法だよなーとも思って

笑ってしまいました。・・・楽しい



早いテンポで来られると、

相手がわからなくなるのを狙っているんだろう

けどいろんな事考える人がいるよなーと思って

感心しました。



しかしこーゆー面白い商法は形を変えながら

ずっと生き残っていくんですよね。


よく型遅れのパソコンと資格取得の講座を一緒に

売ってるのがありますが

資格を取ったら仕事どんどん紹介しますから

すぐに元が取れれちゃいますよ・
って話なんです。


でもこれは昔はミシンだったんですね。


このミシン買ってくれたら、洋裁の仕事を

どんどん回しますよ・・
って

だから形を変えてビジネスモデルだけ

生き残ってる。

(※このビジネスが悪いという事ではありません)


こう書いていると、

そのうちに摩訶不思議チケット5枚セットを

プレザンスでも売り出すつもりじゃないのか?

と思われそうなのですが ない・ない

そんな予定はございません。汗






 

 

関連する記事
コメント
コメントする