『 人間の許容限界辞典 』 

というのがあるのだといいます。



どうしてこんな話題しか提供できないのか?悲しい

全部で1032ページにも及ぶメチャ分厚い辞典

であります。




人間の能力の限界について、

生理・運動・生物・物理・化学・栄養の

7分野から142項目をまとめてある

のだそうです。

で、例えば「骨の許容限界」 では

人骨では頚骨が一番強くて、これをへし

折ってしまうには

296kgの力が必要だ とか



「睡眠時間の限界」 では

断眠の世界記録は264時間12分だが

通常50時間以上起きていると意識が瞬断

したりしますよ!とかが記載されている。


ふと思い出しましたが 『 麻雀放浪記 』

の作者の 阿佐田哲也氏によるとひどい

睡眠不足が続くと「 睡眠発作 」というのを

起こすらしい。

歩いてるときに突然に倒れて寝てしまうような

症状だそうです。

徹夜麻雀ばかり繰り返してあんなペンネームに

している氏の言うことだけに説得力がある。


あー話がそれたのですが他にも 「やる気」 

の項目もあり、人が無力感に陥るメカニズムやら

やる気を持続させる方法なども紹介されてます。

どうして自分が発奮できないかを見つけ出して

責任転嫁するような使い方はバツですが 悲しい

「いじめ」などの項目もあるが解決法や予防など

であり、

『これだけいじめたら人間は限界 』 

という恐ろしい記述ではないです・・ びっくり



限界における世界記録ばかり載ってるわけでもなく

人間の一般的な限界が様々な形で紹介されてるんです。



 しかし 3万9900円 という価格で一体、

どーゆー方が購入するのだろうか・・・

私は買いませんけども

まぁ面白そうな感じですけどねぇ。




えっ?馬鹿馬鹿しくてこれ以上読むのは 

許容の限界 だって??


それでは終わりにしておきます。 冷や汗





 
関連する記事
コメント
コメントする